マイナンバー制度情報連携の開始

Q 先日、「マイナポータル」の運用による情報連携が開始されたとの記事を新聞で読みました。マイナポータルでどのようなことができるのでしょうか。(ビルメンテナンス業) 

<回答者>野村総合研究所上席コンサルタント 梅屋真一郎

 マイナポータルは、政府が運営するオンラインサービスです。2017年11月から本格運用が開始され、各種手続きが簡単に行えるようになりました。例えば子育てに関する行政手続きをワンストップで行えたり、行政からのお知らせが届いたり、行政や民間のさまざまなサービスが今後提供されていく予定です。

 マイナポータルでは以下のサービスが提供されます。
 ①行政機関が所持している個人の情報
 ②役所などからのお知らせ
 ③子育てワンストップサービス
 ④公金決済サービス

 これらのサービスを利用することで、行政手続きがインターネット経由で簡単に行えたり、必要な情報を容易に見つけ出せるようになります。提供されるサービスはこれからも順次追加され、将来的には行政手続き全般が行えるようになる予定です。

 なかでも③の「子育てワンストップサービス」は、マイナポータルの目玉となるサービスです。

 子育てに関しては、従来さまざまな行政手続きが求められ、役所の窓口に出向き、各種手続きを確認する必要がありました。子育てワンストップサービスにより、これらの煩雑な手続きがインターネット上で手軽に行えるようになります。

 具体的には
 ①子育てに関わる手続きの内容や手続き書類の検索
 ②子育てに関わる手続き(保育所の申し込み、児童手当て手続きなど)
  のオンライン申請
 ③子育てに関わる各種お知らせのプッシュ通知の受信
 等の機能があります。

 これらを利用することで、子育てに関わる行政手続きの手間が大幅に軽減されます。 

マイナンバーカードが必須

 また、LINE株式会社とのコラボレーションにより、コミュニケーションアプリ「LINE」から、マイナポータルの子育てに関わる情報を検索したり、直接マイナポータルに移動できるようになります。なお、各機能の提供時期は自治体によって異なるため、自治体のウェブサイト等で確認してください。

 マイナポータルを利用するには、ICカードリーダライタとパソコン、もしくはマイナンバーカード対応スマートフォンのいずれかを用意する必要があります。いずれの場合でもマイナンバーカードを読み取らせてログインし、マイナポータルを利用します。したがって、あらかじめマイナンバーカードを申請して取得する必要があります。

 マイナポータルでは、従来、紙でしか行えなかった行政手続きがインターネット上で行えるようになり、わざわざ役所の窓口に出向く等の手間が大幅に削減されます。今後は子育てのほか、確定申告や年末調整などの手続きも行えるようになる予定です。マイナポータルを幅広く活用し、メリットを享受していきましょう。

提供:株式会社TKC(2018年2月)

(注) 当Q&Aの掲載内容は、個別の質問に対する回答であり、株式会社TKCは当Q&Aを参考にして発生した不利益や問題について何ら責任を負うものではありません。

▲戻る